岩木先生とは / Dr.Masaya IWAKI

ありし日の物質基盤研究部


物質基盤研究部長
岩木 正哉 (D.Eng.)

理研では極めて広範な分野の研究が行われており、それに関わる多様な物質・材料についての高度な分析・解析が求められている。当部では部内4 室が専門性を生かし、複雑な化学物質や極微量の生体機能物質などの組成分析、構造解析、また、表面の分析・解析や創成を行っている。また、それらに用いる所内の共同利用機器の管理・運営、および研究者からの依頼試料についての分析・解析を行うとともに、それらの手法を高度化するための技術開発も行っている。既成の分析・解析手法の精度、信頼性の向上を図るのみならず、新奇・独創的な分析・解析・評価・改質手法の研究基盤技術の開発を行い、理研における先端的な研究の一翼を担う。理研研究者との共同研究によりニーズの実現に努力するとともに、部内各室の協力、国内外の研究者との交流、さらに機器製造企業との連携等により、分析・解析分野の発展を期す。

表面解析室
分子構造解析室
化学分析室
生体分子解析室

関連記事:理研ニュース
「イオンビームによる表面改質研究を支えるインフラストラクチャの充実を目指して」


<戻る>

▲ページトップへ


MENU−岩木先生とは…岩木先生のご業績…岩木先生のキーテクノロジー…岩木先生語録・お人柄・エピソード集…岩木先生写真集…リンク集…岩木賞創設について−

岩木先生/事務局へのメッセージはこちら
E-mail: adsc@adsc.ne.jp



copyright